生物膜処理用ひも状接触材
      バイオコード

バイオコードPV−45


バイオコードPP−45



バイオコードK−45


バイオコードPP+K−45
◆バイオコードの用途
  • 食品・工場排水などの2次処理や3次処理
  • メッキ等の低濃度廃水処理
  • 河川や湖沼の浄化
  • 農業集落排水処理
  • 畜産廃水の3次処理
◆バイオコードの特徴
  1. 細かい繊維をモール状に加工しているため、高い微生物の保持量を持ちつつ目詰まりしにくい構造となっております。
  2. 空隙率が99%以上と大きく、多種多様な生物が同時に生息できるため、高度な処理水質が得られると共に、食物連鎖が長くなって汚泥の発生率が低くなります。
  3. 汚泥が付着しやすく且つ剥離もしやすいため、微生物が常にフレッシュな状態に保たれます。
  4. 合成繊維を用いているので耐久性にも優れております。
◆バイオコードの規格
形式 材質 比表面積 用途 規格長さ
PV−45 ポリ塩化ビニリデン 1.2m2/m 河川浄化、農集排 100m×2本/箱
PP−45 ポリプロピレン 2.8m2/m 低濃度排水処理 100m×2本/箱
K−45 ビニロン 0.3m2/m BOD300〜1000r/l 100m×2本/箱
PP+K−45 白緑 ポリプロピレン+ビニロン 1.6m2/m BOD20〜300r/l 100m×2本/箱
※ バイオコードは、槽へ設置し易い様に加工も承っております。ご相談ください。
※ 製造上の都合により、予告なく規格を変更することがございますので、ご了承くださいますようよろしくお願いいたします。



                                トップページ    お問い合わせ